一般社団法人 根っこワーク協会 COO

山上マミ

2005年,私は、千代田区永田町の首相官邸にいました。山形県の推薦で「女性チャレンジ賞」を頂いたのです。女性経営者として華々しく成功していました。

 

 M&Aで会社を売却後、初めてネットワークビジネスに出会います。

 会社経営で、モノづくりをしていた私にとっては、商品をつくらないで、代金回収もしないで、

配達もしないで、ビジネスができる仕組みがすばらしいと,ネットワークビジネスにはまりました。

  しかし、セミナーへ行くと、見せる世界、ギラギラのリーダーに違和感。

 教えてくれる先生はいない中、成功しているリーダーからの教えが、私にとっては、成功する方法でした。

  今、収支は、マイナスでも、将来あのリーダーの様に稼げる、タイトル取る事が、成功につながると、頑張りすぎて、自分のマンションを売却まで追い込まれたのです。

 

 もう、ネットワークビジネスはやりたくない。

どん底に落ちました。

6畳1間で、息子と2人二段ベッドの生活。

そんな時、悦子先生に出会ったのです。

 私が知っているネットワークとは全くちがう、あったかいものを感じました。

 

 50歳過ぎて、働きに行く場所などないです。

悦子先生について1年,1000人以上のグループができ、その年末には、ロングドレスを着て、スポットライトを浴びて、舞台の上で、表彰されのです。

 舞台に上がる、その日の朝、NHKニュースで、50代の女性が、明け方バス停で殴り殺されるニュース。

笑顔で、対面販売の好きな明るい女性だった。

しかし、コロナの中、仕事を失い、家賃が払えず住む場所も追われ、スーツケース一つの路上生活での出来事。

 

 私は、このニュースにくぎ付けになりました。

なぜなら、この女性は、私だったかもしれない。

50歳過ぎて、仕事がなくなると、今の日本では、再起していくのは、中々難しい。

私には、ネットワークビジネスがあったから、見事復活できたのです。

 何歳からでも、人生やり直せるネットワークビジネスという仕組みは、本当に素晴らしいです。

日本では、80%の人が嫌う職業ですが、私の人生を救ってくれたは、ネットワークビジネスです。

悦子先生が、教えてくれたやり方なら、だれも被害者は出ない、自分をすり減らすこともない、楽しく、間と共に、自分を成長させることができる

 

 何歳からでも、生活が立て直せる、自由に働き、一緒に働く仲間も自由に選べ、経済の自由も手に入れることができる。

 

 やり方さえ、間違わなければ、ネットワークビジネスは、すばらしい仕組みのビジネスです。

 

悦子先生のやり方と、自分の経営者の経験を活かし、50歳過ぎの女性が、一人でも生きていける手段を、身に着けて欲しいと願います。

 「50歳からの青春」というテーマで、使命感を持ち、根っこワーク協会を運営しています。

 

一般社団法人根っこワーク協会 COO山上マミ